MENU

今の家へと引っ越した時期

今の家へと引っ越した時期は、ちょうど春の繁盛期間でした。とにかく引っ越し会社が慌ただしく、なかなか自分が予約したい時に予約ができず、すごく大変でした。結局、午前の間ですべてのことを終了させるという忙しい計画になってしまいましたが、それでもなんとかして引っ越し作業は完璧に終わりました。

 

引っ越しの際に重要な点は、頑丈でない物を厳重に梱包するという点です。家電製品で箱があるなら、何も問題ありません。
しかし、箱を処分してしまったとしても多いことと思います。

 

 

 

そんな時には、引っ越し業者の人に荷造りしてもらうと大丈夫です。

 

引越し会社のアートは、テレビコマーシャルで見て知っておりました。

 

イメージキャラクターがドラえもんだったので、子供の希望を叶えたいこともあり引越しのアートにお願いしました。引越しのトラックにもドラエモンがプリントされていて、子供も楽しんで引越しができたようです。

 

料金やサービスも合わせて満足できたから、引越しのアートに頼んだことはみんな喜びました。
家を移るということは非常に大変ですが、犬が家にいる人の場合はもっと大がかりになるであると思います。どうしてかというと、引越し当日、犬が家を移るときの妨げにならないように気を付けておく事が、必要です。
また、新しく移った家まで犬を連れて、引越し会社が着くよりも前に到着していなければなりません。何年か前、主人が転勤のために引越すことになりました。主人も私も実家生活で、引越ししたことがありません。未経験ながら、なるべく安くすませたいと自ら梱包しました。段ボールとガムテープは業者の方で用意してくれたのですが、他に、新聞紙は絶対に必要でした。壊れ物を包むのと、緩衝材として役に立ちました。

 

私は引っ越しを行ったのを機に、家の中にあふれていた不用品を売りました。使わない家具や着ない洋服など、様々にありました。
業者の方に家まで来てもらって、全部ひっくるめて査定をしてもらったのです。

 

すると、思いがけない査定額となりました。なんと私の不用品が、お金に変わったのです。

 

 

 

とっても嬉しかったです。引っ越しする時の諸手続きは、煩わしいことばっかりだなと感じますが、水道の手続きは、電話でも可能だそうです。

 

大それたことではないと思いますが、なぜか、非常に嬉しいです。嬉しいついでに、電話するタイミングも確認してみたら、3?4日前までにと記載してるのを見ました。すぐに、電話をします。
引越しを行う場合にはいろいろと手続きが必要ですが、働いている場合に面倒なのが市役所に行ってからの手続きです。
住民票の転入と転出といったものがあるので、少なくても二度は行かざるを得ません。

 

 

市役所は平日しか利用できないので、引越し当日以外にもさらに休みをわざわざ取らないといけないという羽目になってしまいます。