MENU

先ごろ、引越しをしました。専門業者

先ごろ、引越しをしました。
専門業者にお願いしましたが、それでも想像どおり大変でした。

 

 

 

大変だったことを挙げると、多種多様な手続きです。

 

 

自治体が変われば、印鑑証明に求められる印鑑登録も行っておく必要がありました。

 

あまり必要ではないのですが、念のため登録を済ませました。
私は引っ越しをしたのを機に、家にあった不用品を売りました。衣服や家具など、様々にありました。
業者に家まで足を運んでもらって、全部ひっくるめて査定をしてもらったのです。すると、意外な査定額が出ました。私の不用品だったものが、お金になったのです。

 

ものすごく嬉しかったです。引越の際の掃除は半端じゃない作業です。家財道具を丸ごと運び出してから、綺麗に掃除するのは当たり前ですが、前もって、少しずつ始めていくのが後々自分が楽になります。

 

コツは荷造りより先に、掃除をやってしまうことです。

 

 

 

その結果、最終的にはさっと軽く掃除するだけできれいになります。

 

引っ越しするというイベントそのものは別に嫌いではなくて楽しみな部分もあるんですが、国民健康保険等の住所変更のために、市役所へわざわざ行っていろいろな手続きを行わなくてはいけないことが、面倒だなあと思ってしまいます。こういう手続きについても、ネット上で時間の空いたときにさらっと家で済ませることができるようになったら助かるのにな、と思ってしまいます。引越の時に立ち会って確認することは、面倒でも必ずやっておく方がいいでしょう。

 

家賃の発生する物件の場合には、不動産屋の担当者や物件のオーナーさんが立ち会うことになります。

 

敷金をいくら返還するかに、関係してきますから、とにかくキレイに清掃作業を完了しておいてください。

 

 

また、リフォームをしなければならない箇所を、両者がチェックすることで、トラブル発生の可能性を低くすることにもなります。

 

私は以前に購入した集合住宅でダブルベッドを寝室に配置していました。
色々あって棲家を手放し、狭い家賃契約型の住宅へ引越しすることになったのですが、ベッドが部屋に入らないことに気づきました。

 

泣く泣く知り合いに譲り、無事に棲家の移動を終えましたが、買い換えたベッドは次に棲家を移動する時に入らないと困るので、一人用ベッドにしました。

 

都内から埼玉へ生活ベースを移した時、予定がタイトだったため、荷造りに難儀しました。

 

転居日は前もって決まっていたのに、荷造りが終わりません。まさか終わらないんじゃないかと不安で仕方がありませんでした。結局のところ、友人に三千円で、手伝いをしてもらいました。
引越しの前日の作業として忘れないようにするのは、冷蔵庫の水を抜いておくことです。

 

 

 

水抜きができない人は冷蔵庫のコンセントは最低限抜いておいた方が良いです。

 

 

当たり前ですが、中身は取り出してください。

 

 

 

そうしなければ、当日冷蔵庫の運搬ができないかもしれません。