MENU

引っ越しを左右するのは、流れをつか

引っ越しを左右するのは、流れをつかんでいるかどうかによって結果が出ます。

 

流れは、他の言い方では段取りとも言われています。この段取りが失敗すると、大幅に時間が押してしまう場合もあります。
ただ、このような状態は、理屈一辺倒で作業するよりも経験で学ぶ事なのかもしれません。家を引っ越すときに、忘れてはいけない事が、いろいろと必要な手続きです。
自治体の役場へ届ける手続きだけでなく、電話、インターネット、ガス、水道、電気等の住所変更も必ず手続きを行います。

 

 

特にガスは立ち合いが必要なので、早急に手配してください。また、銀行の通帳や自動車運転免許証等の住所変更もできる限り早く終わらせておいた方がいいです。

 

 

引越しの当日にやることは2つあります。ひとつめは、出ていく部屋では荷物を運び出してから管理会社の立ち合いで部屋の実情をチェックすることです。ここで大きな汚れや傷をチェックしますが、この調査が敷金でのカバーや別途クリーニング費用の請求に影響します。

 

新しい家ではガスの元栓を開けることが大切です。
これは業者の立ち合いが絶対にいるのです。

 

 

 

単身赴任の引っ越しを先日行ったのですが、その際に、業者さんへの感謝の気持ちの心付けをどのくらいの額にするのが妥当なのか家内と少し、相談しました。

 

引っ越しといっても単身の引っ越しなので、作業のために来られた方は2人だけで、1時間ちょっとしかかからなかったですし、そんなにかしこまった礼をするべきではないと思い2人には作業中お茶を出したくらいで心付けは渡すことはありませんでした。私は引っ越し時に、持っていた不用品を売ってしまいました。
もう着ない服や使わない家具など、いろんなものがありました。

 

 

業者の人に家に来てもらって、隅から隅まで査定を行ってもらったのです。
すると、思いもよらない査定額になったのでした。

 

私の不用品だったものが、お金になったのです。とっても嬉しかったです。住処を変更すると、電話番号が違うものになることが無きにしも非ずです。
同一市区町村内の転居の場合でも、収容局が変更になると、本来の電話番号が使用できなくなるでしょう。電話番号変更の連絡を流すこともできますが、新住所と共に新しい電話番号も必要なところにはお知らせしておいた方がいいです。
移転をして移動となった時には国民年金の、住所変更届けを出す必定があります。

 

自分が加入者である「国民年金第1号被保険者」の実例は市区町村の受付窓口に、被保険者住所変更届を出します「国民年金第3号被保険者」の例では、配偶者が勤務する会社社長に被保険者住所変更届を手渡さなければなりません。

 

家を引っ越すこと自体はワクワクするしけっこう好きなんですが、国民健康保険等の住所変更など、わざわざ市役所まで行っていろんな決まった手続きをしなくてはいけないところが、面倒くささを感じてしまいます。こういういろいろな手続きだって、インターネット上からアクセスしてささっと家で行うことができたらすごくいろんな意味で助かるのに、と思います。