MENU

引越し会社に頼まず友人知

引越し会社に頼まず友人知人に手伝ってもらってする場合があるでしょう。

 

特に、わずかな距離の引越しだとトラックも使用せずに荷物を運んでいくことはできるでしょうが、台車があった方が良いです。家の中を移動する時には分かりにくいですが、わずかな家財道具であっても案外重たく感じるものです。
一番大変な引越しの準備の作業はダンボールに家中の物を詰めていく作業だと感じます。日々生活しているとなかなか思うことはないですが、荷物の箱詰めを始めるとこんなに家の中に物があるものかとビックリします。
それでも、引越し準備と一緒に片付けも出来る絶好のチャンスです。
引っ越し時期の費用は、ダンボールなどの種類や量の多さだけでなく運ぶところの場所などによって変わり、天候や季節によっても、結構違うものです。

 

引越しの準備具合によって変わってくるため、本来の費用には幅があることがあります。

 

引越しのために荷物をまとめる時に皿とかグラスなど、雑貨で割れやすい物はタオルや洋服などで梱包しますいらない雑誌や新聞紙でも大丈夫ですが、思いのほか量が多くなり、処分が困難です。

 

 

 

転居し終えると、たくさんの空きダンボールが発生しますし、さらには紙くずも出ると予想以上に場所を取ってしまいます。

 

 

 

引越すとなったらそれ用の便利グッズを使いこなすと、時間と労力を大いに節約できます。

 

それらの中には、いつでも使える便利なものが沢山あるので、買っておくのが良いでしょう。最近は、100円均一のお店にも役に立つ引越しグッズが沢山並んでいますから、ぜひ活用してみてください。引っ越しがすんだら、市町村役場でさまざまな手続きをすすめていく必要があります。後、近くの警察に行って、住所を登録し直す必要もあるでしょう。基本的には、住民票の写しを提出すると、すかさず手続きをしてくれます。
手続きが行われた免許証の裏面には、新しい住所が印刷されています。

 

 

引越し業者へ引っ越し依頼をすると、見積もりをいただけると思います。ほぼ問題はないのですが、一応の確認を取っておくことをオススメします。

 

 

 

その見積もりになかった内容は、追加で費用が取られるケースもありえることです。わずかでも疑問があったときには、なるべく契約をする前に、質問してください。引越しを前日キャンセルすることになり、引越し業者へ電話したところ、予定していた引越し代金の、10%のキャンセル料がかかりますといわれてしまいました。以前別の引越し業者でキャンセルした際は、引越しをする前日でも引越し代金を丸々支払わなくてはいけなかったので、今回は負担が少なく済んでほっとすることができました。