MENU

引っ越し後に、一人暮らしをする場合

引っ越し後に、一人暮らしをする場合には、単身パックを使う方がずっと得になるケースが多いです。
もしも、サイズの大きい家具や家電などを新調するのであれば、業者に頼まずとも、引越しができるかもしれません。
そして、一人暮らしをしている女性だと、ご近所への、引越しのご挨拶は差し控えた方が安全なケースもあります。
ヤマトの単身引っ越しパックが役に立つと友人が喋っていました。
本音を言うと、見積もりしてもらった時はそのほかにもずっと安い業者があったにもかかわらず、丁寧かつ感じも悪くなかったので、ヤマトにしたとのことです。
引っ越したその日も速やかで手厚い作業だったと褒め上げていました。
引越し業者に指示を受けると思いますが、引越しの前日には、冷蔵庫の電源は抜いておいたほうがベターです。
理由はというと、冷凍庫についた霜を溶かし、そうして溜まってきた水を取り除くことができるからです。
前もってこうしておうことで、冷蔵庫を運ぶ際に、他の荷物に水が掛かってしまうことを防ぐというメリットがあります。
転居するときに、理解しておかなければならない事が、さまざまな手続きです。
市町村役場へ提出する手続きだけでなく、電話、インターネット、ガス、水道、電気等の住所変更も必ず手続きを行います。
特にガスは立ち合いが不可欠なので、早期に手続きをしてください。

 

また、金融機関の通帳や運転免許証等の住所を変更する手続きも可能な限り早くしておいた方がいいです。
引越し業者に依頼する場合、布団はどのようにしたらいいんだろう?と考えるかもしれませんが、それはもっと早くに確認すると確かでしょう。
大多数の場合、業者は移転当日、オリジナルの布団袋を持参してくれ、これに入れて汚れないように引越し先まで持って行ってくれます。

 

引っ越しが済んだら、何かと手続する事があります。
市町村役場でなさるべき事は、住民票と健康保険と印鑑登録などになります。
ワンちゃんがいるのなら、登録変更しなければなりません。
それと、原動機付自転車の登録変更も市町村ですることとなります。
全てを一度に行ってしまうと、何度も行く手間が省けるでしょう。
引っ越しの際に大切な点は、耐久性のない物を丁重に梱包するという点です。

 

家電製品で箱があるならば、問題ないです。
しかし、箱を廃棄してしまった場合も多いと推測します。
そんな状態の時は、引っ越し業者の人に梱包してもらうと大丈夫です。
住居を移転すると、電話番号が現状のものとは変わることがあり得ます。
同一市区町村内の引越しのと時でも、収容局が変更になると、使っていた電話番号が使用できなくなるでしょう。
電話番号が変わったアナウンスを入れてもらうこともできますが、新住所に付け加えて、新しい電話番号も必要なところには伝えておいた方がいいです。